農協職員はキャッシングってできるの?

いわゆる農協職員と呼ばれている人達というのは、地域の農家活性化のために様々な業務をこなしており、多くの農家にとって大変便りになる存在となります。

例えば農業を営む人で資金不足で悩んでいる人もいるかと思いますが、そんな時には農協へ相談することで農業で必要なお金を融資してもらうことが出来ますし、思ったように販売することが出来ない場合には、その販売をサポートしてくれます。

このように日々色々な仕事に追われる農協職員でお金が足りなくなってしまった場合、消費者金融や銀行系カードローンのキャッシングへ申し込みし、審査に通過することが出来るのでしょうか?

キャッシングの場合、満20歳以上になり安定収入があるというのが最低条件となっていますので、農協職員でもこれら条件を満たしていれば、審査通過出来る可能性は十分にあります。

中にはパートで農協に努めている方もいらっしゃるかと思いますが、大手では雇用関係は問わず、パートやアルバイトでも在籍確認さえ出来れば問題ありません。

この在籍確認電話についてとなりますが、キャッシングの審査担当が勤め先に電話をし、本人がそこにいるのかを確認するだけとなりますので、キャッシングへ申し込みしたことを職場の人に知られることは無いので心配はいりません。プロミスの即日融資について

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ